THURIUM

Dec 1, 2020

やっぱりデザイナーがいい。

やっぱりデザイナーがいい。

Dec 1, 2020

いつかは自分のブランドを持ちたいという夢を抱き、高校卒業後は服飾・ファッションの専門学校である文化服装学院に進学。学ぶ中で「デザイナーになりたいけれど、デザインを学ぶだけでいいのだろうか?」と疑問を抱いたことがあったといいます。そこで、在学中にインターンシップという形で、とあるファッションブランドのアシスタントの経験をしました。


「当初は、ただ『デザイナーってかっこいい、ブランドを始めるってかっこいい』って思っていたんです(笑)。でも実際に携わりながら、デザインするだけではデザイナーになれないんだなって思って。お客様がいくらだったら購入してくださるのか、お客様やクライアントとなる企業のことなど、デザインした先にあることまで考えていかないとブランドの存続は難しいんだという厳しさも学びました」と及川さんは振り返ります。

ファッションショーの裏側で服の仮縫いをして着ている人の体に合うよう調整するフィッターとして仕事を経験するなど、ブランドをつくるために必要なことや関わる人がたくさんいることを肌で感じたことで、より自分のブランドを持ちたいと思うようになっていったといいます。


文化服装学院を卒業後、日本のアパレルブランド「グレースコンチネンタル」に入社した及川さん。最初に経験した販売員の仕事の中で、接客するお客様のさまざまな悩みを聞いてきました。いい服を着たいと感じていても「値段が高い」と購入を躊躇していたり、その時の自分の体型に合わせて着こなせる服がわからなかったり……。悩みを直接聞くにつれ「やっぱりデザイナーとして自らつくる服を通して、お客様の悩みを解決したい」と強く思うようになった及川さんは、退職を決意。特に、体型の変化によって服選びに悩んでいる女性たちが多かったことから、体のラインが美しく見える服をコンセプトに、2016年に「THURIUM」を立ち上げデザイナーとして一歩を踏み出しました。


Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

関連ストーリー

THURIUM

http://thurium.com/
Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

Find Story

ストーリーを探す

JOURNEY FACTORY
天然素材だから、ケアは大切に。

デニムの気になる、お手入れ方法。

JOURNEY FACTORY
奥深いデニム

奥深いデニムの世界。

JOURNEY FACTORY
カウンセリングに時間をかける

お客様にとって欲しいもの、いいものを。だから、自分の個性はあえて消す。

JOURNEY FACTORY
「経年変化」と「容認される服」

使い込んで出される味わい、そして汎用性の高さは、デニムならでは。

JOURNEY FACTORY
リメイク職人は、生地が好き

デニム好き<生地が好き

JOURNEY FACTORY
デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

自分でものづくりがしたい。

Blossom jiji
【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Blossom jijiデザイナーの福守博子さんとaboveuのパーソナルスタイリストAkkiのちょこっとトーク

Blossom jiji
ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

女性たちの要望を叶えた華やかな服を、日常に。

Blossom jiji
大切な技術を守っていきたい

日本の素晴らしい縫製技術は、よい服に不可欠。

Blossom jiji
服を通して、人々を幸せにしたい

意識レベルの理論を服づくりに採用している。

Blossom jiji
インフォーマルの服「Blossom jiji」

母の意思も受け継ぎ、着心地の良いストレッチレースの服

Blossom jiji
家業のランジェリー縫製技術を活かす

縫製工場が挑戦。一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服。

Why
アウタービューティーとインナービューティーを追求した、ホワイ ライフを。

一人ひとりが豊かな生活を送れるものを届けていく。

Why
WWW(World Wide Why)

ローカライズして、その地に馴染む提案をする。

Why
パターンオーダーで、毎日使うアイテムをあなた好みに。

全30色。大切なものを自分色に。

Why
PVC素材だから、永く愛用できる

日本製にこだわったPVC素材のアイテムたち。

THURIUM
女性の体のラインをきれいに見せたい。

体型に悩むより、体のラインを美しくする服を選んでみて。

THURIUM
やっぱりデザイナーがいい。

デザインのその先にある、一人ひとりに思いを馳せるデザイナーでありたい。

THURIUM
ストーリーから始まる服づくり。

服のストーリーや世界観が伝わってこそ、服の楽しさへつながるはず。

THURIUM
日常でも着れる、他とはちょっと違う服を。

デザインを“やりすぎない”ことで、スペシャルな服を日常にする。

THURIUM
ブランドの成長

他ブランドの立ち上げやデザイナーとしても活躍中。

Why
Whyの歴史

ファッションからライフスタイルを提案するブランドへ。

Why
ワクワクから始まる、人馬一体のものづくり

馬具をモチーフにしたハーネスプリントが特徴的なWhyのものづくり。

Brand

ブランドについて

私の誕生花のanthurium<アンスリウム>。

前向きな花なのに、目を瞑って聞くと後ろむきな響き。

前に前に 後ろを向くのは忘れる

“THURIUM”


「美しい曲線を使い、女性の身体のラインを綺麗に見せる服つくり」をコンセプトとして、型紙は「ドレーピング(立体裁断)」を採用し、生地の立体感を出したりデザイン性を高め、体型に馴染む服づくりをしているのが特徴。
シーズン毎にテーマとストーリーを考えるところから服づくりを行い、世界観が伝わる服を展開。多くの女性たちを魅了している。


Designer: 及川 絵美 Emi Oikawa

1987年 宮城県名取市出身
2008年 国立宮城高専 情報デザイン学科 卒業
2011年 文化服装学院 アパレル技術科 卒業

国立宮城高専情報デザイン学科にて、造形研究に取り組む過程でアパレルへの関心が深まり、
卒業と同時に文化服装学院に入学する。
在学中に某アパレルブランドデザイナーアシスタントを経験し、
経営のノウハウを学び卒業後にグレースコンチネンタルにて販売として入社する。
自社ブランドを立ち上げたいという気持ちを温め、2016年S/Sより「THURIUM-スリウム-」をスタートする。

Brand’s Products

\

THURIUMってどんなブランド?

JOURNEY FACTORYってどんなブランド? /

ブランド詳細ページへ

Brand’s Products

brand’s product

コート・アウター
THURIUM
¥ 74,800 
在庫:
あり
なし
ワンピース
THURIUM
¥ 39,600 
在庫:
あり
なし
ワンピース
THURIUM
¥ 36,300 
在庫:
あり
なし
ニット
THURIUM
¥ 31,900 
在庫:
あり
なし
コート・アウター
THURIUM
¥ 74,800 
在庫:
あり
なし
ワンピース
THURIUM
¥ 39,600 
在庫:
あり
なし