Blossom jiji

Dec 9, 2020

服を通して、人々を幸せにしたい

服を通して、人々を幸せにしたい

Dec 9, 2020

Blossom jijiは「着るだけで愛になる」というコンセプトのもと服づくりが行われています。このコンセプトには、「まず自分自身が愛に満ち溢れた状態であってほしいという願いを込められています」と博子さんはいいます。「無償の愛」といった言葉にあるような誰かに与えることだけが愛ではないという考え方を持ち、「自分自身が愛に溢れていたら、きっと見返りを求めるような考えや嫉妬心といったネガティブな考えは生まれないのでは」と考えています。

博子さんは一人ひとりの女性がそれぞれの道を切り拓き、輝いた毎日を過ごすことで笑顔や愛に溢れた世の中をつくり出していってほしいと願っています。そう思う中で、女性たちが輝く手段のひとつが服なのではないかと思っています。博子さんは、会社が培ってきた縫製技術と自身のデザイナーとしての経験を生かした服づくりを行い、服を着るだけで女性たちの意識が高まったり、気分が上がっていく……そんな服をつくりたかったのです。

また、きっかけはアメリカの精神科医であるデヴィッド・R・ホーキンズ博士が提唱している意識レベルの理論に感銘を受けたこともコンセプトに「愛」を盛り込んだ理由のひとつだといいます。「人の意識にはレベルがある」と提唱するもので、人間には“意識”があり、それぞれに固有のレベル数があると科学的に証明し提唱しているものです。

例えば、自分が「勇気」のある状態のレベルにいると指数は200、「愛」のある状態だと指数が500ーーというように意識の状態が数値化されていて、この数値が高くなっていくと人間の感情や行動の安定につながっていくとされています。意識レベルの理論は、こういった意識のレベルを数値に表すことを証明したもので、デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書に記載されています。

「最初は何のことなのか理解するまでに時間がかかりましたが(笑)。この理論に出会ったときに、私の中で意識レベルでいう『愛』というところに到達し、自分自身が幸せを感じられる服を女性に届けられたならば、より生き生きとした日々になり、一人ひとりが身近なことや世の中に対してもポジティブに活動することができるのではないかと思ったんです。新しい服の可能性やお客様に対するアプローチ方法を見出せると思いました」。

Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Maririn、Daiki

関連ストーリー

Blossom jiji

https://www.instagram.com/blossomjiji/?hl=ja
Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Maririn、Daiki

Find Story

ストーリーを探す

JOURNEY FACTORY
天然素材だから、ケアは大切に。

デニムの気になる、お手入れ方法。

JOURNEY FACTORY
奥深いデニム

奥深いデニムの世界。

JOURNEY FACTORY
カウンセリングに時間をかける

お客様にとって欲しいもの、いいものを。だから、自分の個性はあえて消す。

JOURNEY FACTORY
「経年変化」と「容認される服」

使い込んで出される味わい、そして汎用性の高さは、デニムならでは。

JOURNEY FACTORY
リメイク職人は、生地が好き

デニム好き<生地が好き

JOURNEY FACTORY
デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

自分でものづくりがしたい。

Blossom jiji
【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Blossom jijiデザイナーの福守博子さんとaboveuのパーソナルスタイリストAkkiのちょこっとトーク

Blossom jiji
ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

女性たちの要望を叶えた華やかな服を、日常に。

Blossom jiji
大切な技術を守っていきたい

日本の素晴らしい縫製技術は、よい服に不可欠。

Blossom jiji
服を通して、人々を幸せにしたい

意識レベルの理論を服づくりに採用している。

Blossom jiji
インフォーマルの服「Blossom jiji」

母の意思も受け継ぎ、着心地の良いストレッチレースの服

Blossom jiji
家業のランジェリー縫製技術を活かす

縫製工場が挑戦。一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服。

Why
アウタービューティーとインナービューティーを追求した、ホワイ ライフを。

一人ひとりが豊かな生活を送れるものを届けていく。

Why
WWW(World Wide Why)

ローカライズして、その地に馴染む提案をする。

Why
パターンオーダーで、毎日使うアイテムをあなた好みに。

全30色。大切なものを自分色に。

Why
PVC素材だから、永く愛用できる

日本製にこだわったPVC素材のアイテムたち。

THURIUM
女性の体のラインをきれいに見せたい。

体型に悩むより、体のラインを美しくする服を選んでみて。

THURIUM
やっぱりデザイナーがいい。

デザインのその先にある、一人ひとりに思いを馳せるデザイナーでありたい。

THURIUM
ストーリーから始まる服づくり。

服のストーリーや世界観が伝わってこそ、服の楽しさへつながるはず。

THURIUM
日常でも着れる、他とはちょっと違う服を。

デザインを“やりすぎない”ことで、スペシャルな服を日常にする。

THURIUM
ブランドの成長

他ブランドの立ち上げやデザイナーとしても活躍中。

Why
Whyの歴史

ファッションからライフスタイルを提案するブランドへ。

Why
ワクワクから始まる、人馬一体のものづくり

馬具をモチーフにしたハーネスプリントが特徴的なWhyのものづくり。

Brand

ブランドについて

縫製工場から誕生した、女性向けにストレスフリーの服を届けるファッションブランド。

Blossom jijiは、「花咲かじいさんが、桜の花を見事に咲かせる」ように女性たちが愛らしく、そして日々輝いてほしいという願いをブランド名に込めました。

コンセプトは、“着るだけで“愛”になる”。

老舗縫製工場の培ってきたランジェリー縫製技術を生かし、上品なストレッチレースを使用した女性らしさ溢れる楽チンで華やかなウェアを届けます。


私たち福守株式会社は、栃木県佐野市でインナーブラウスやランジェリー、ストールなどの繊維製品の企画・製造、卸売を手掛けている縫製工場です。1960年(昭和35年)の設立以降、女性らしさを引き出し、ファッションとして大切にされる服づくりを追求し、ランジェリーやナイトウェアを製作してまいりました。当社の最大の強みは、伸縮性に富むストレッチレースの縫製技術の高さです。

時代の流れとともに職人が減少する中、培った技術を守り、ものづくりへの情熱を絶やすことなく、より多くの女性が永く楽しんでいただける服を届けてまいります。


Brand’s Products

\

JOURNEY FACTORYってどんなブランド? /

ブランド詳細ページへ

Brand’s Products

brand’s product

アイテムがありません
アイテムがありません