JOURNEY FACTORY

Dec 9, 2020

奥深いデニム

奥深いデニム

Dec 9, 2020
奥深いデニム① 縫い方で時代がわかる!?

デニムの縫製は、かつてミシン1台で全ての工程を行っていた時代もありましたが、現代では裾上げなど特定の縫製に特化するミシンを使い分け、複数台使用してデニムを縫っています。

縫い方を見ると、デニムがどの年代でつくられたものなのか大体わかると重本さんはいいます。例えば、アメリカを拠点とするジーンズメーカーの『Levi’s(リーバイス)』。ジーンズに詳しくない人でも一度は聞いたことがあるであろう有名メーカーですが、時代背景がわかるようなモデルを展開をしていて、モデルチェンジをする移行期などは縫い方にも違いがみられるので、年代がわかるのだそうです。

奥深いデニム② 多数の糸を駆使した、色再現

工房の作業スペースの壁面には、多数のカラフルな糸が並んでいます。一見、同じ色に見える糸もあります。お直しやリメイクは、元のデニムの色味を再現するために5~6種類もの糸を駆使して色再現を行っています。元の生地に馴染ませるための調整は、「正直、感覚によるところが大きい」と重本さんはいいます。「印刷業界などで用いられるCMYKという色表現の手法は、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの四色を混ぜて幅広い色を再現していくものです。デニムも同様に、どのように糸を足していくと生地に合った色再現ができるのかを考えていきます。ものによっては、7色程度使用することも。組み合わせる糸の種類が多すぎると硬くなってしまうので、最小限の糸で仕上げていくようにしています」。

また、糸は色の種類だけでなく太さも種類があるようです。「縫う箇所に応じて太さを変えたりします。6番手、20番手、30番手というように、同色でも各種太さの異なる糸を揃えてどのようなデニムにも対応できるようにしています。これまで、糸だけで数百万円費やしているんじゃないですかね(笑)」と重本さん。依頼に合ったリメイクやお直しを追求するために、複数の縫製糸メーカーから糸を仕入れ、糸を使い分けています。「海外や東北、関東、中部、中国地方など糸の特性を生かしています。国内だと岡山県にある『烏城(うじょう)物産』さんはヴィンテージデニム用のマニアックな糸も制作していることで有名ですね。

重本さんは、一つひとつの依頼に徹底して向き合って製作しています。

Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

関連ストーリー

JOURNEY FACTORY

https://journey-factory.com/
Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

Find Story

ストーリーを探す

JOURNEY FACTORY
天然素材だから、ケアは大切に。

デニムの気になる、お手入れ方法。

JOURNEY FACTORY
奥深いデニム

奥深いデニムの世界。

JOURNEY FACTORY
カウンセリングに時間をかける

お客様にとって欲しいもの、いいものを。だから、自分の個性はあえて消す。

JOURNEY FACTORY
「経年変化」と「容認される服」

使い込んで出される味わい、そして汎用性の高さは、デニムならでは。

JOURNEY FACTORY
リメイク職人は、生地が好き

デニム好き<生地が好き

JOURNEY FACTORY
デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

自分でものづくりがしたい。

Blossom jiji
【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Blossom jijiデザイナーの福守博子さんとaboveuのパーソナルスタイリストAkkiのちょこっとトーク

Blossom jiji
ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

女性たちの要望を叶えた華やかな服を、日常に。

Blossom jiji
大切な技術を守っていきたい

日本の素晴らしい縫製技術は、よい服に不可欠。

Blossom jiji
服を通して、人々を幸せにしたい

意識レベルの理論を服づくりに採用している。

Blossom jiji
インフォーマルの服「Blossom jiji」

母の意思も受け継ぎ、着心地の良いストレッチレースの服

Blossom jiji
家業のランジェリー縫製技術を活かす

縫製工場が挑戦。一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服。

Why
アウタービューティーとインナービューティーを追求した、ホワイ ライフを。

一人ひとりが豊かな生活を送れるものを届けていく。

Why
WWW(World Wide Why)

ローカライズして、その地に馴染む提案をする。

Why
パターンオーダーで、毎日使うアイテムをあなた好みに。

全30色。大切なものを自分色に。

Why
PVC素材だから、永く愛用できる

日本製にこだわったPVC素材のアイテムたち。

THURIUM
女性の体のラインをきれいに見せたい。

体型に悩むより、体のラインを美しくする服を選んでみて。

THURIUM
やっぱりデザイナーがいい。

デザインのその先にある、一人ひとりに思いを馳せるデザイナーでありたい。

THURIUM
ストーリーから始まる服づくり。

服のストーリーや世界観が伝わってこそ、服の楽しさへつながるはず。

THURIUM
日常でも着れる、他とはちょっと違う服を。

デザインを“やりすぎない”ことで、スペシャルな服を日常にする。

THURIUM
ブランドの成長

他ブランドの立ち上げやデザイナーとしても活躍中。

Why
Whyの歴史

ファッションからライフスタイルを提案するブランドへ。

Why
ワクワクから始まる、人馬一体のものづくり

馬具をモチーフにしたハーネスプリントが特徴的なWhyのものづくり。

Brand

ブランドについて

ジーンズで有名な岡山県の児島で リメイク工房経験を積んで職人に 直接お気軽にご相談できます。

Brand’s Products

\

JOURNEY FACTORYってどんなブランド? /

ブランド詳細ページへ

Brand’s Products

brand’s product

バッグ
JOURNEY FACTORY
¥ 22,000 
在庫:
あり
なし
バッグ
JOURNEY FACTORY
¥ 22,000 
在庫:
あり
なし