Blossom jiji

May 19, 2021

家業のランジェリー縫製技術を活かす

家業のランジェリー縫製技術を活かす

May 19, 2021

幸せな気持ちが自分の前向きな行動や言動につながり、周囲にもポジティブに伝播していくーーそんな服を追求し、服づくりに真摯に向き合うブランドがあります。

Blossom jiji(ブロッサムジジ)は、人々にとって行動の原点となる意識レベル(SQ)を上げ、一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服を製作しています。“着るだけで愛になる”をコンセプトとするミセス向けのファッションブランド「Blossom jiji」デザイナーの福守博子さんにお話を伺いました。女性向けファッションを展開する根底には何があるのか、またブランドを通じて何を目指していくのでしょうか。稼業の技術力と長年培ったデザイナーとしての経験を融合させ動き出した、新たなブランドの目指す先をぜひご覧ください。

実家の稼業は、福守株式会社というインナーウェアやフォーマルウェアーのメーカーを営んでいます。つくり酒屋を営んでいた稼業を、父が繊維業界に鞍替えさせ、肌着やランジェリーなどに使用される生地編物(トリコット)の専業メーカーとして創業したことから始まります。次第に縫製を行うようになり、1962年(昭和37年)に福守株式会社として設立した数年後に、ランジェリー縫製業に一本化して現在に続いています。

会社のある桐生市や佐野市などの足利地区といわれるエリアは、織物やランジェリー縫製、染色加工といった他業種が集積する複合産地といわれてきました。会社が誕生した頃、インナーウェアやランジェリーは実用性が重視とされる風潮の中、会社は古くからそれらをファッションと捉え製造・販売を行ってきました。デザイナーはファッションの流行を掴むためヨーロッパに足繁く通っていたと、博子さんは先代の社長から当時の様子を聞いていました。

日本人のニーズや志向に合うデザインやファッション性が評価され、一時期はネグリジェやスリップの製造で全国でも5%を占める製造を行っていました。現在は10名ほどの縫製職人が福守で活躍していて、さまざまなジャケットインやボレロ、スカートが企画・製造されています。

福守では「ランジェリーやナイトウェアは女性らしさを引き出し、ファッションとして大切にされるものであってほしい」という願いを込めて服づくりが行われてきました。会社の想いが博子さんの中に根付いていたのかもしれません。社会人となり、気づけば自身もファッション業界に身を置いていました。有名な某化粧品メーカーの繊維部門に勤めた後、自社のシルクの高級ランジェリー製作に携わっていました。デザイナーとしてさまざまな経験を経て、現在、博子さんは福守でデザイナーとして企画・製造を行っています。

Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Maririn、Daiki

関連ストーリー

Blossom jiji

https://www.instagram.com/blossomjiji/?hl=ja
Interviewer
Akki
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Maririn、Daiki

Find Story

ストーリーを探す

JOURNEY FACTORY
天然素材だから、ケアは大切に。

デニムの気になる、お手入れ方法。

JOURNEY FACTORY
奥深いデニム

奥深いデニムの世界。

JOURNEY FACTORY
カウンセリングに時間をかける

お客様にとって欲しいもの、いいものを。だから、自分の個性はあえて消す。

JOURNEY FACTORY
「経年変化」と「容認される服」

使い込んで出される味わい、そして汎用性の高さは、デニムならでは。

JOURNEY FACTORY
リメイク職人は、生地が好き

デニム好き<生地が好き

JOURNEY FACTORY
デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

自分でものづくりがしたい。

Blossom jiji
【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Blossom jijiデザイナーの福守博子さんとaboveuのパーソナルスタイリストAkkiのちょこっとトーク

Blossom jiji
ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

女性たちの要望を叶えた華やかな服を、日常に。

Blossom jiji
大切な技術を守っていきたい

日本の素晴らしい縫製技術は、よい服に不可欠。

Blossom jiji
服を通して、人々を幸せにしたい

意識レベルの理論を服づくりに採用している。

Blossom jiji
インフォーマルの服「Blossom jiji」

母の意思も受け継ぎ、着心地の良いストレッチレースの服

Blossom jiji
家業のランジェリー縫製技術を活かす

縫製工場が挑戦。一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服。

Why
アウタービューティーとインナービューティーを追求した、ホワイ ライフを。

一人ひとりが豊かな生活を送れるものを届けていく。

Why
WWW(World Wide Why)

ローカライズして、その地に馴染む提案をする。

Why
パターンオーダーで、毎日使うアイテムをあなた好みに。

全30色。大切なものを自分色に。

Why
PVC素材だから、永く愛用できる

日本製にこだわったPVC素材のアイテムたち。

THURIUM
女性の体のラインをきれいに見せたい。

体型に悩むより、体のラインを美しくする服を選んでみて。

THURIUM
やっぱりデザイナーがいい。

デザインのその先にある、一人ひとりに思いを馳せるデザイナーでありたい。

THURIUM
ストーリーから始まる服づくり。

服のストーリーや世界観が伝わってこそ、服の楽しさへつながるはず。

THURIUM
日常でも着れる、他とはちょっと違う服を。

デザインを“やりすぎない”ことで、スペシャルな服を日常にする。

THURIUM
ブランドの成長

他ブランドの立ち上げやデザイナーとしても活躍中。

Why
Whyの歴史

ファッションからライフスタイルを提案するブランドへ。

Why
ワクワクから始まる、人馬一体のものづくり

馬具をモチーフにしたハーネスプリントが特徴的なWhyのものづくり。

Brand

ブランドについて

縫製工場から誕生した、女性向けにストレスフリーの服を届けるファッションブランド。

Blossom jijiは、「花咲かじいさんが、桜の花を見事に咲かせる」ように女性たちが愛らしく、そして日々輝いてほしいという願いをブランド名に込めました。

コンセプトは、“着るだけで“愛”になる”。

老舗縫製工場の培ってきたランジェリー縫製技術を生かし、上品なストレッチレースを使用した女性らしさ溢れる楽チンで華やかなウェアを届けます。


私たち福守株式会社は、栃木県佐野市でインナーブラウスやランジェリー、ストールなどの繊維製品の企画・製造、卸売を手掛けている縫製工場です。1960年(昭和35年)の設立以降、女性らしさを引き出し、ファッションとして大切にされる服づくりを追求し、ランジェリーやナイトウェアを製作してまいりました。当社の最大の強みは、伸縮性に富むストレッチレースの縫製技術の高さです。

時代の流れとともに職人が減少する中、培った技術を守り、ものづくりへの情熱を絶やすことなく、より多くの女性が永く楽しんでいただける服を届けてまいります。


Brand’s Products

\

JOURNEY FACTORYってどんなブランド? /

ブランド詳細ページへ

Brand’s Products

brand’s product

Tシャツ
Blossom jiji
¥ 100 
在庫:
あり
なし
ワンピース
Blossom jiji
¥ 39,600 
在庫:
あり
なし
Tシャツ
Blossom jiji
¥ 100 
在庫:
あり
なし
ワンピース
Blossom jiji
¥ 39,600 
在庫:
あり
なし