Blossom jiji

Dec 9, 2020

【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Dec 9, 2020

“着るだけで愛になる”をコンセプトに家業の縫製技術を活かしてブランド「Blossom jiji」を運営するデザイナーの福守博子さんとaboveuのクリエイティブディレクター兼パーソナルスタイリストAkkiが、Blossom jijiのお洋服についてトークしました。

Akki

こちらが博子さんで30年前に発売していたランジェリーですか?すっごく可愛いです♡最先端…とても素敵ですね!

博子

そうなんです、西洋からの波に乗って、とてもムードがある時代だったんです。映画に出てくるようなピンクのひらひらのネグリジェや、ワンピースのインナーとしてのスリップなどが流行で。スリップに関しては当時、日本の市場の5%のシェアを持っていました。そしてその後は、ジャケットのインナー製作に移行していきました。

Akki

最近は”ラク”や”安い”という言葉を理由に、「見えない部分は何を着てもいい!」もしくは、カップ付きのインナーウェアを着用する方も多いですが・・・やっぱりインナーウェアなど見えない部分のオシャレにこだわっていると、もしものことがあった時も、すぐに対応できますね!(笑)あっ、自信がもてますね!そして、程よい品の良さを醸し出すことができるレースって女性の多くが1度は着用したことがあると思うんです。 レース大好きです!(笑)とくにこちらは着心地が良く、素敵ですね。

博子

そうなんです。スーツのインナーも素敵に、また上品なワンピースを、気軽に着てほしい。通常のレースと比べ、ストレッチレースは伸縮性があり、 座ったり立ったりも、とっても楽なんですよ。また、ファスナーがないので脱ぎ気が簡単なのもポイントです。

Akki

それはありがたいです!お仕事や、パーティの時も、ヒールを履いて動いていると、ただでさえ疲れてしまうことも多いので・・ワンピースが楽だと、お食事の時も、遠慮なくたくさん食べれますね(笑)。

博子

それこそパーティーや結婚式、入学式や卒業式など、大事なシーンでも気軽に上品にお召しいただけると嬉しいです。

Akki

旅行での移動やお食事の時も、ストレッチレースだと、シワが気にならないですね!

博子

折りたたんで収納していただいても、お召しになる数時間前に、ハンガーにかけていただくと自然にシワが落ちます。また座りじわなども気にならないんです。

Akki

縫製をする上で”レース”というのは非常に繊細なイメージがあるのですが、 ストレッチレースを使用するとなると、 伸縮性レースとレース2枚を縫い合わせがありますよね。高い技術を要すると思うのですが、縫製の技術者であれば作業はできるものなのですか?

博子

日本でも限られた縫製技術者しか対応ができないんです。日本の縫製技術は海外でも一目置かれるものとして認識しております。最近は中国の縫製技術も注目はされていましたが、家業の縫製技術を生かしてワンピースを作りたいと思いました。

Akki

確かに日本の検品(モノづくりの最終工程)も優れているので、国内外から多数の依頼があると聞いたことがあります。細部まで丁寧に作りあげる日本の技術は誇らしいですし、際立つところですね。

博子

現在、職人と呼ばれる技術者は年々、減少しています。そんな中でも縫製技術がしっかりとした、また着心地の良いワンピースを皆さまに届けたいと思っています。

Akki

本当に素敵です。最後に、こちらのレースは花柄のデザインでしょうか?こちらの柄にこだわられたのにも何か理由はありますか?

博子

バラや椿など、植物の周波数は、特に女性に元気を与えてくれます。服をお召しいただくだけで、一人でも多くの女性が笑顔だとHAPPYですよね。

Akki

早速、クリアのサンダルや、華やかなピンクやブルーのパンプスと合わせたいです♡ありがとうございました。

Interviewer
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

関連ストーリー

Blossom jiji

https://www.instagram.com/blossomjiji/?hl=ja
Interviewer
/
Writer
Asuka
/
Photographer
Daiki

Find Story

ストーリーを探す

JOURNEY FACTORY
天然素材だから、ケアは大切に。

デニムの気になる、お手入れ方法。

JOURNEY FACTORY
奥深いデニム

奥深いデニムの世界。

JOURNEY FACTORY
カウンセリングに時間をかける

お客様にとって欲しいもの、いいものを。だから、自分の個性はあえて消す。

JOURNEY FACTORY
「経年変化」と「容認される服」

使い込んで出される味わい、そして汎用性の高さは、デニムならでは。

JOURNEY FACTORY
リメイク職人は、生地が好き

デニム好き<生地が好き

JOURNEY FACTORY
デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

自分でものづくりがしたい。

Blossom jiji
【トーク】パーソナルスタイリストAkkiとデザイナー福守博子

Blossom jijiデザイナーの福守博子さんとaboveuのパーソナルスタイリストAkkiのちょこっとトーク

Blossom jiji
ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

女性たちの要望を叶えた華やかな服を、日常に。

Blossom jiji
大切な技術を守っていきたい

日本の素晴らしい縫製技術は、よい服に不可欠。

Blossom jiji
服を通して、人々を幸せにしたい

意識レベルの理論を服づくりに採用している。

Blossom jiji
インフォーマルの服「Blossom jiji」

母の意思も受け継ぎ、着心地の良いストレッチレースの服

Blossom jiji
家業のランジェリー縫製技術を活かす

縫製工場が挑戦。一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服。

Why
アウタービューティーとインナービューティーを追求した、ホワイ ライフを。

一人ひとりが豊かな生活を送れるものを届けていく。

Why
WWW(World Wide Why)

ローカライズして、その地に馴染む提案をする。

Why
パターンオーダーで、毎日使うアイテムをあなた好みに。

全30色。大切なものを自分色に。

Why
PVC素材だから、永く愛用できる

日本製にこだわったPVC素材のアイテムたち。

THURIUM
女性の体のラインをきれいに見せたい。

体型に悩むより、体のラインを美しくする服を選んでみて。

THURIUM
やっぱりデザイナーがいい。

デザインのその先にある、一人ひとりに思いを馳せるデザイナーでありたい。

THURIUM
ストーリーから始まる服づくり。

服のストーリーや世界観が伝わってこそ、服の楽しさへつながるはず。

THURIUM
日常でも着れる、他とはちょっと違う服を。

デザインを“やりすぎない”ことで、スペシャルな服を日常にする。

THURIUM
ブランドの成長

他ブランドの立ち上げやデザイナーとしても活躍中。

Why
Whyの歴史

ファッションからライフスタイルを提案するブランドへ。

Why
ワクワクから始まる、人馬一体のものづくり

馬具をモチーフにしたハーネスプリントが特徴的なWhyのものづくり。

Brand

ブランドについて

縫製工場から誕生した、女性向けにストレスフリーの服を届けるファッションブランド。

Blossom jijiは、「花咲かじいさんが、桜の花を見事に咲かせる」ように女性たちが愛らしく、そして日々輝いてほしいという願いをブランド名に込めました。

コンセプトは、“着るだけで“愛”になる”。

老舗縫製工場の培ってきたランジェリー縫製技術を生かし、上品なストレッチレースを使用した女性らしさ溢れる楽チンで華やかなウェアを届けます。


私たち福守株式会社は、栃木県佐野市でインナーブラウスやランジェリー、ストールなどの繊維製品の企画・製造、卸売を手掛けている縫製工場です。1960年(昭和35年)の設立以降、女性らしさを引き出し、ファッションとして大切にされる服づくりを追求し、ランジェリーやナイトウェアを製作してまいりました。当社の最大の強みは、伸縮性に富むストレッチレースの縫製技術の高さです。

時代の流れとともに職人が減少する中、培った技術を守り、ものづくりへの情熱を絶やすことなく、より多くの女性が永く楽しんでいただける服を届けてまいります。


Brand’s Products

\

JOURNEY FACTORYってどんなブランド? /

ブランド詳細ページへ

Brand’s Products

brand’s product

アイテムがありません
アイテムがありません